FRUITS LIFE

フルーツライフ株式会社

FRUITS LIFE

人間らしい生活、自分らしい暮らしを
フルーツから

食べる楽しさ、生きる歓びを
私たちは届けます。
人間らしい生活、自分らしい暮らし
私たちはフルーツから
豊かで快適な暮らしを創造します。

環境という考え方

Environment Justice

地球温暖化が急激に進んでいます。
地球上の誰もが大雨や干ばつなどの気候変動による影響を、肌で感じるようになりました。
一年間で4万種に及ぶ動植物が絶滅し、豊かな地球を支える生物多様性が失われています。

SDGs
地球温暖化が急激に進んでいます。
地球上の誰もが大雨や干ばつなどの気候変動による影響を、肌で感じるようになりました。
一年間で4万種に及ぶ動植物が絶滅し、豊かな地球を支える生物多様性が失われています。
環境Environment
消費期限を延ばす / 食品ロスをなくす /
プラスチックの削減

全温室効果ガスの1/3以上をフードサプライチェーンが排出しています。また、製造される食品の1/3にあたる年間13億トンの食品が廃棄されています。
フルーツライフでは、食品ロスをなくすため消費期限を延ばす取り組みをはじめ、プラスチックゴミを削減するためバイオ容器を使用し、サーキュラーエコノミーを推進しています。

  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
人権Human Rights
ジェンダー平等 / 障がい者支援 /
子ども食堂・貧困者支援

フルーツライフ役員のジェンダー指数は1、各管理部門のリーダーはすべて女性が担い、ジェンダー平等を実現しています。
フルーツライフ代表が障がい者施設「NPOいきもの語り」理事長を務め、重症心身障がい者支援を行なっています。また、県下の子ども食堂及び貧困者施設に「NPOのわみ相談所」を通して食品を届けています。

  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
  • SDGs
動物福祉Animal Welfare
ヴィーガン食品の開発

フルーツライフはアレルギー対応デザートの先発メーカーから、さらに未来を見据えて動物福祉推進のためにヴィーガンデザートを製造しています。
OIE(国際獣疫事務局)が示した動物の5つの自由の保障を求めるとともに、エネルギー・土地・水など環境負担の大きな畜産を減らすために、ヴィーガンデザートの開発と製造を推進しています。

  • SDGs

事業紹介

学校給食

季節に旬な果物を全国の学校に提供しています。一般社団法人日本冷凍食品協会の認定工場として、厳格な生産管理の下、安心・安全な食品を生産しています。フレッシュフルーツは国産を中心に季節に合わせた果物を、冷凍フルーツはタイ、ギリシャ、コスタリカ、南アフリカ、中国から輸入しています。

病院・老健

季節に旬な果物を全国の病院及び老人施設に提供しています。果物はビタミンCをはじめ、多くの栄養素を含み、抗酸化作用の効果があります。また、果物は生活の質(QOL)を高め、日々の生きる活力を生み出す力があります。フルーツライフでは、管理栄養士が栄養価等を考慮しながら果物を提案しています。

輸入

学校給食向け製造原料として、タイ、ギリシャ、南アフリカの協力メーカーでフルーツ缶詰を製造し、輸入しています。また、コスタリカの協力工場でカットした生パインを急速冷凍した、スティックパインを輸入しています。さらに、病院事業の食材を中国の協力メーカーに製造委託しています。

アレルギー・ヴィーガン対応デザート

誰もが食べることのできるアレルギー対応デザートを製造しています。乳・卵・小麦をはじめとした特定原材料7品目(えび・かに・そば・落花生)の工場持ち込みを禁止し、安全で美味しいデザートを製造しています。また、動物性原料を使用しないヴィーガンデザートを開発・製造しています。

事業紹介の詳細はこちら

会社概要

Identity
人間らしい生活、自分らしい暮らしをフルーツから

私たちの目指すものは学校給食のリーディングカンパニーであり
メディカルフルーツ、アレルギー・ヴィーガン対応デザートのパイオニアです。

商号
フルーツライフ株式会社
本店
〒463-0003
愛知県名古屋市守山区下志段味熊田447
資本金
500万円
設立
2012年10月1日
代表取締役
佐野 利治
従業員
従業員80名 / 管理栄養士4名

(財)日本冷凍食品協会認定工場

(財)日本冷凍食品協会認定工場
お問い合わせ

Page Top

© 2017 FRUITS LIFE Co., Ltd